関西蚤の市に行ってきました


18、19日に開催された『関西蚤の市』、遊びに行ってきました。
雑貨に古書、おいしい食べ物と、盛りだくさんの市でした。
古くてロマンティックなアイテムも沢山あってドキドキでした!

キノコのスパイス入れと、古いトランプカードを購入しました。
トランプは本や手帳のしおりに使ってみるのもお洒落かも。

写真のリングノートのデザインは、ノスタルジックシリーズ「my love」。
不思議の国のアリスみたいな女の子とアンティークな雰囲気が素敵です…

室町店では、現在、
『京都まちなか 紙モノめぐり地図』を持参してお買い物をされた方に
ささやかなプレゼントをご用意しております♪
ぜひぜひ、お店へお越しください〜^^

室町店 青坂



リエノのFacebookはこちらです。

応援よろしくお願いします。
15:05 オフモード comments(0) trackbacks(0)
春のをどり
すっかり春の陽気ですが、皆様お花見には行かれましたでしょうか?
お花見の時期になると鴨川沿いが賑やかになり、春が来たなあと感じます。
桜の他に京都の春と言えば、春の"をどり"がありますね!
皆様"をどり"に行かれたことはありますか?

京都には五花街があり、祇園甲部、祇園東、宮川町、先斗町、上七軒の5つの町に芸妓さん舞妓さんが暮らしています。そんな芸舞妓さんたちの芸を見られるのが"をどり"です。普段は一見さんお断りのベールの向こうに隠れているミステリアスな世界ですが、"をどり"では観覧券を購入すればどなたでも、お茶席とお舞台を体験することが出来ます。

上七軒 北野をどり:2014年3月25日(火)〜4月7日(月)
祇園甲部 都をどり:2014年4月1日(火)〜30日(水)
宮川町 京おどり:2014年4月5日(土)〜20日(日)
先斗町 鴨川をどり:2014年5月1日(木)〜24日(土)
祇園東 祇園をどり:2014年11月1日(金)〜11月10日(日)

それぞれ踊りの流派も得意分野も違うので、色々まわって違いを感じてみるのも楽しいかもしれませんね。



私は毎年京おどりに寄せて頂いてますが、フィナーレの宮川音頭は圧巻です!



室町スタッフ いまだ
 
16:13 オフモード comments(0) trackbacks(0)
幸せのブルービー
昨年12月に葉山祥鼎さんにお会いしました。
葉山祥鼎さんは葉祥明さんの弟さんで阿蘇にある葉祥明美術館の館長さんです。

その美術館は2万ヘクタールもあるそうです。
葉山祥鼎さんはそこを一人で耕し、葉祥明さんの絵本の世界を再現したかのような美しい庭を作りました。

いくつもの奇跡が重なったその庭には幻の青いミツバチがいます。

幸せの青い蜂と言われ、地域によっては絶滅種に指定されている珍しい蜂です。

その青い蜂をテーマにした絵本も出版されています。



実は知人が葉山祥鼎さんにllenoの名入りノートをプレゼントしてくださったのですが、

そこに居合わせた私を「制作者」としても紹介して頂きました。


名前入りの手製本ノートをとても喜んでくださった葉山祥鼎さん。

「お礼したいけど何もあげるものがないよ〜、困ったなあ」と言いながら、

ご自分の胸に飾っておられた「ブルービーバッチ」を私の胸につけてくださいました。


そのとっさの喜びの表現がとても素敵でかっこよくて、優しい人柄が伝わってきました。

周りの注目を浴びて恥ずかしかったですが、とても幸せな気持ちになりました。


それ以来、宝物です。



応援よろしくお願いします。
14:33 オフモード comments(0) trackbacks(0)
大神神社
年末からお正月にかけて、二号店室町の内装にとりかかっておりました。
本店同様、内装はすべて手作り、ジェット噴流で埃を流し、壁をゴールドに塗り直しました。

ちょっと一息ついた4日に奈良の桜井市、大神神社(おおみわじんじゃ 別名:三輪神社)に初詣に行ってきました。
日本最古の神社と言われ、パワースポットとしても有名だそうです。




蛇の神様として蛇年の私は子どもの頃、お詣りに行った記憶があります。

いたるところに卵がお供えされています。
蛇が卵を丸呑みすることから、願いを丸呑みしてくださるということのようです。

さて、この日の一番の目的はご神体と言われる三輪山登頂です。
知人に
「とても清々しくて気持ちよかった、ぜひ行っておいで」
と以前から勧められていたのです。



登り口にはたくさんの杖・・ちょっと嫌な予感はしたんです・・。
でも「清々しい」という位だから・・。

入山してすぐ、階段というよりは岩場のような急な傾斜が続きます。
60度くらいあったのでは??と思う程。
「騙された〜」という気持ちがわき上がってきます。
往復2時間の登山になりました。


しかし、登るに連れ、光が差し込み、なんとも爽やかな気持ちになりました。
ふもとでは粉雪が舞う寒さでしたが、とても穏やかな光が溢れているのであります。
今、聞かれたら私も
「清々しいよ、ぜひ行っておいで」
と言うでしょうね。
さすがパワースポット、ご神体というだけのことはありそうです。

願掛けで登る人も多いそうですが、頂上でお詣りする時には
願掛けよりここに来れて感謝!という不似合いにも純粋な気持ちになりますね。

無事、下山して鳥居をくぐると、なんと龍の雲が空に現れました。



ほら右の林の上あたり、龍の横顔に見えませんか?
写真ではわかりにくいけど、ホント、龍に見えたんですよ、ホントに。




 応援よろしくお願いします。
19:39 オフモード comments(0) trackbacks(0)
美しい灯り〜大島桜
スイス在住の知人のご結婚祝いに、手作りの温かみが伝わるもの、と想いを巡らせていて思い出しました。

素材は紙、照明作家gennnaiさんの手作りの美しい灯り。
大島桜をイメージされ、4つの色を交互に、隣り合わせにならないよう組まれています。
写真ではわかりにくいですが、灯りを点すと温かいけれど透明感を感じさせる不思議な色あいです。
llenoの店内を暗くして、スイッチを入れるとため息が出るような美しさ。
なんとも落ちつきます。



二年前、東京ノート展でお世話になった毬詠さんのサイトで紹介されていたのを思い出しました。

二年も経っているのでもう制作されていないかも??と思いながら連絡をとってみました。
この美しい灯りも、そして毬詠さんもお変わりなく(いや、前よりバージョンアップされて)。

それから約10日、毬詠さん御本人が京都まで運んで来てくれました。
灯りを消すと柔らかな桜餅のよう。


贈るつもりが自分用にも、そして別の友人にもプレゼントしたくなりました。

毬詠さんは保土ヶ谷キャンドルナイトや季節を食べる会など、数々のイベントを手がけておられます。
奈良にゲストハウスもOPENされたとか。

近況を話し合い、バージョンアップしつつも変わらない想いを持ち続けている毬詠さんに刺激され、二年ぶりの再会はとてもとても幸せな時間となりました。

これから一緒に何かできないか、考えていきたいと思っています。


応援よろしくお願いします。
18:47 オフモード comments(0) trackbacks(0)
ご近所さんの THE 革職人
作業日の水曜日、manoとりょうさんは昼休みを利用して
めっちゃご近所にある「カロト」さんへ行きました。

カロトさんは手づくりの革製品を扱うお店。
財布やペンケースなどの定番商品をお店で買うことも出来ますし
オーダーメイドで作って頂くことも可能。
そのオーダーの商談の時に入れる奥の部屋、
これが素敵すぎなんです!
風が通り抜けて爽やかだし、自分たちで貼られたという床板も良い。

そして工房もめちゃくちゃきれいで可愛い!
家具も貰い物だったりするそうですが雰囲気が統一されていて良い。
写真に写っている時計の時間が全然あってないのもGooD!


お店に置いてある定番商品はガラスケースに飾られておりました。
鉛筆キャップやキーホルダーなど小物も揃っております。


ずっと気になっていたお店でしたが想像以上に癒されました。
いろいろお話もしていただいて充実のお昼を過ごすことが出来ました。
ありがとうカロトさん。



カロトのナイスな奥さま。
どうぞまた宜しくお願いします。
通います。

15:06 オフモード comments(0) trackbacks(0)
近くて遠かった場所
作業日で休みの6月のある水曜日。

ノート作りの合間、少し時間ができたので
前から行ってみたかったお店に行くことにしました。
寂しがりやのりょうさんは社長とmanoも巻き込んで出発。

行ってみたい場所は京都上京区・荒神口にある「Hedgehog」さんです。
いつもHPで素敵なギャラリーだなと思っていながら
一度も足を運ぶことがありませんでした。
場所が近いこともあって「いつでもいける」という気分で
後回ししていました。

自転車で行くと約15分くらいでしょうか。
近いような遠いような。
ふらりと気分転換にはいい距離です。

店の中は本がズラリと並び奥にはギャラリー。
静かなスペースで心地よかったです。
POSTCARD買ってみました。


素敵ですね。特別なときに使います。

そして奥にあったヴィンテージ家具のお店「STOCKROOM」さんに寄ってみました。
思わず衝動買いしてしまいそうなヴィンテージ家具たち。
雰囲気がたまりません。

7月にリニューアルするlleno cafe用にとmanoさんが
カップ&ソーサーを2セット購入しました。

こちらは未使用のヴィンテージ食器だそうです。
豊かなCoffee timeを楽しめそうです。


贅沢な水曜日を過ごしました。
たにはいいです。気分転換。

応援よろしくお願いします。
10:26 オフモード comments(0) trackbacks(0)
お帰り!おじゃ

『おじゃ』はllenoで10年暮らしている猫です。
機嫌がいいときは店にも出てきます。
そして日がなコピー機の上に陣取って、新入りmanoがコピーを使おうとすると「ガルル」と威嚇します。

そんなおじゃがうっかり外の世界に出てしまったのが2月17日、小雨の降る日のことでした。


それから一月半、必死に探しました。
雨のふる日や雪の日は夜も眠れません。
ハシゴを抱えて人様の家の屋根にも上がり、すっかり怪しい人物です。
最後は白い猫を見ても「おじゃでは??」と思うようになりました。

伊勢丹での展示会が終わって、皆で打ち上げの準備をしているその最中、4軒南隣の方から
「猫がいる」と連絡。
物置の奥、階段下にうずくまっていたのはまぎれもなく「おじゃ」でした。


こんな近くにいたとは、驚きです。
そしてスタッフ全員が揃っている時間というのも彼女らしい。


なんだか顔も変わり、ひどく衰弱していて、体重は半分に。
もうダメかと思う瞬間もありましたが、助けると言ってくれる獣医さんを探し出して毎日治療を続けています。


とても心配ですが、そばにいて心配できることも幸せです。

がんばれ、おじゃ。
そしてお帰り。

元気になってまたmanoを威嚇して遊ぼう。






そして自分のことのように一緒に猫探しをしてくださった、魚屋さんや美容室のセキさんをはじめ、協力をしてくださったご近所の皆様、本当にありがとうございました。

ここは人情味溢れる良い町です。

応援よろしくお願いいたします。
07:41 オフモード comments(1) trackbacks(0)
manoの誕生日はキャラメル味


10月のある日、新人でありながらもうllenoの重役を任されているmanoが
誕生日を迎えました。

manoは天然でおおらか、心も広く皆の癒しの存在です。
一番年下ながら一番年上の風格をもった人です。

まだ勤めて半年なのにずーっと一緒にいた仲間のよう。
「mano、今日の納品はいくつ?」
「mano、紙は足りてる?」
「mano、棚の向きかえるの手伝って」
「mano、消しごむしらん?」

皆朝から晩まで「mano」「mano」呼び続けています。
それに嫌な顔せず一つ一つ答えてくれます。


そんな皆が大好きなmanoの誕生日。
初めてというのも手伝って皆大張り切り!
誕生パーティを行う3週間も前から好きなケーキの味を探ったり、好みを調べたり
ストーカーのように調べ上げました。

manoはキャラメル味が好きらしいとわかると早速APIEDさんに連絡。
「キャラメル味でmano好みでお願いします」という無茶振りにも笑顔でOK。さすが。

ケーキはキャラメルのムースのようなものがスポンジで挟んであって、
風味が抜群。
今まで食べた中で1、2を争う美味しさでした。
ゴールドの砂糖菓子などをまぶしてかなりのmano好み。

皆で「きゃあきゃあ」言って写真を取りまくっているとAPIEDさんがポツリ。
「llenoの皆さんはいつも結婚式のケーキカットのごとくシャッターチャンスを求めてくれますね」

でもケーキを切り分けたとたん一斉に食べだすので切り分けたショットがいつも無いのです。ワラ。




応援よろしくお願いいたします。

16:47 オフモード comments(2) trackbacks(0)
美味しいって幸せ!
7月の終わり頃から京都は猛暑に覆われました。
急激な暑さに夏バテする、りょうさん。
体調不良で気分も沈みがち。

気を使ったkyodo社長が楽しいランチ計画を立ててくれました。

APIEDのお二人をお誘いしたら
「じゃ何か作りますのでご一緒に」と!!!!
素敵な話になってしまいました。ヤッホイ。



ということでごちそうになってきました。

メニューはキッシュ、サラダ2種、フリッター4種、手製パン。
どれもお二人が一から拵えてくださったのですが、
はっきり言って見た目も味も最高です。
イタリアンレストランにいるようでした。

どれも家庭で食べれるような代物ではなくmanomanoとりょうさんは
喜びでワイワイ写真を撮りまくる。
その横で静かにワインを注いで回るkyodo社長。
何もしない女子たちで申し訳ない。

「夏バテ、夏バテ」と騒いでいたりょうさんは食べまくるししゃべりまくる。

「弱っているという話でしたが…お元気そうでよかったです」

ははは。お恥ずかしい。
本当に美味しかったんです。

美味しいって幸せです〜。


応援よろしくお願いいたします。



10:58 オフモード comments(1) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
京都 贈りもの手帖 (act books)
京都 贈りもの手帖 (act books) (JUGEMレビュー »)
佐藤 紅
llenoを紹介して頂きました。