美しい灯り〜大島桜
スイス在住の知人のご結婚祝いに、手作りの温かみが伝わるもの、と想いを巡らせていて思い出しました。

素材は紙、照明作家gennnaiさんの手作りの美しい灯り。
大島桜をイメージされ、4つの色を交互に、隣り合わせにならないよう組まれています。
写真ではわかりにくいですが、灯りを点すと温かいけれど透明感を感じさせる不思議な色あいです。
llenoの店内を暗くして、スイッチを入れるとため息が出るような美しさ。
なんとも落ちつきます。



二年前、東京ノート展でお世話になった毬詠さんのサイトで紹介されていたのを思い出しました。

二年も経っているのでもう制作されていないかも??と思いながら連絡をとってみました。
この美しい灯りも、そして毬詠さんもお変わりなく(いや、前よりバージョンアップされて)。

それから約10日、毬詠さん御本人が京都まで運んで来てくれました。
灯りを消すと柔らかな桜餅のよう。


贈るつもりが自分用にも、そして別の友人にもプレゼントしたくなりました。

毬詠さんは保土ヶ谷キャンドルナイトや季節を食べる会など、数々のイベントを手がけておられます。
奈良にゲストハウスもOPENされたとか。

近況を話し合い、バージョンアップしつつも変わらない想いを持ち続けている毬詠さんに刺激され、二年ぶりの再会はとてもとても幸せな時間となりました。

これから一緒に何かできないか、考えていきたいと思っています。


応援よろしくお願いします。
18:47 オフモード comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS